脱独身のススメ 運営者情報

管理人:ハマディのプロフィール

管理人:ハマディのプロフィール

名前ハマディ
年齢42歳
婚活期間約5年
結婚できた年齢42歳
付き合った人数3人
婚活した手段結婚相談所婚活アプリマッチングアプリ出会い系サイト婚活パーティー・街コン・合コン・飲み会・相席ラウンジ(相席屋)・友人の紹介・飲み屋でナンパ・クラブの出会い・社会人サークル・趣味の集まり
得意なこと婚活全般(5年も婚活した経験あり)
・婚活に必要なマインドを語る
・モテる人と非モテの嗅ぎ分け
問い合わせメールはこちらからお願いします
TwitterのDMはこちらから

 

はじめまして、ハマディです。

このページでは、僕の経歴から、約5年間の婚活を経て結婚できたエピソードをまとめています。

 

ハマディ

5分ほどで読むことができますので、息抜き程度にご覧くださいませ。

 

非モテだった10代の過去

非モテだった10代の過去

ハマディの10代はまさに暗黒期でした。

もともと、背も低く顔も普通以下のブサメン寄り、取り柄もなく冴えない少年でした。

学校生活では女子と話すどころか、むしろ苦手な方で、まったくモテない、まさに代表的な非モテと言っても良かったと思う。

そのわりに、アイドルやグラビアなんかには興味があり、性欲だけは人一倍の腐った少年だったような。

コンビニでエロ雑誌とか立ち読みしてしまう、ちょっと気持ち悪い部類のヤツだったり...。

 

高校卒業して大学に入ったものの、サークルにも入らず、仲の良い友達とアニメやゲームに夢中になる日々。

他の学生がキャンパスライフを謳歌するのを横目に、地味で目立たない学園生活を送った。

この頃から男女感の色恋沙汰をよく目にするようになり、内心では「僕にも彼女ができたらいいのにな...」なんて思ってた、まさに非モテの10代でした。

 

周りからの目がとても気になってきた20代後半

周りからの目がとても気になってきた20代後半

10代まったくモテなかった男が20代で急にモテだすわけもなく、相変わらずな生活を続けていた。

非正規雇用であるが、なんとなく会社に務めだし、社会の歯車の一部になりながら20代も後半に差し掛かる。

その間に女性関係があったかというと、一切ありません。

さすがに20代後半ともなると、周りの友達や職場の同僚が頻繁に結婚するようになり、若干の焦りというのは感じてたと思う。

ただ、10代から非モテ継続中の僕は、ファッションセンスもなければ趣味もない、典型的なダサくてつまらない男性だった。

こんな男に女性が寄ってくるはずもなく、毎日何か期待して過ごしていたのが恥ずかしく思える...。

大人になったのに、まったく成熟されてないことに絶望したことも覚えている。

 

30代に突入し、孤独に耐えられなくなってきた

30代に突入し、孤独に耐えられなくなってきた

いい加減持てないことを悟った僕は、30代の前半あたりで一生独身を覚悟していました。

当時の仕事は給料も低く、会社でも評価されずに落ちこぼれていったのが原因かもしれないです。

年齢と共に体力が落ちてきているのを実感したのもあり、恋愛や結婚なんて考える余裕もあまりなかった。

 

似たような境遇の仲間と同じように歳を重ねて過ごせればいいと思っていた時期、一番仲の良い友達が結婚を機に遠くに引越してしまったのです。

その後も重なるように、友達が一人、また一人と結婚して疎遠になっていく。

その時のことがとてもショックで、世界に一人で取り残されるような感覚になったのを覚えています。

 

そうなるだろうと思って、インターネットの世界で友達を何人か作ってはいたけど、やはりリアルの世界の友達とは違うし、孤独はあまり紛れなかった。

 

関連記事
30代アラサーで独身の男性がヤバい理由!【リアルな女性の声あり】
30代アラサーで独身の男性がヤバい理由!【リアルな女性の声あり】

続きを見る

 

40代手前で未来(60歳)を想像して怖くなった

40代手前で未来(60歳)を想像して怖くなった

30代後半に差しかかるころから、次第に周囲の「独身に対する冷たい視線」を感じるようになりました。

親にしても連絡する度、「死ぬ前に孫の顔を見せてくれ」と言うようになり、本格的に考えなくてはいけないと感じたけど、重い腰はちょっとやそっとじゃ上がらないのです。

 

そんなある日、近所で孤独死があったという話を聞き、将来に対する不安を覚えたのを覚えています。

僕が住んでいる地域に老人が多いと思ってはいたけど、毎月1〜2人ほど孤独死があるらしく、そのほとんどが60代〜70代ということに正直おどろきを隠せませんでした。

後々調べてたのですが、独身男性の平均寿命が66歳ということや、自殺率の高さに驚愕しました。

その時の職場に60代の独身男性がいたのですが、改めてよく観察すると、いつ死んでもおかしくないような雰囲気が出ている気もしました。

 

このことをきっかけに、僕は60歳になった未来や、人生の最後を孤独で迎えるのは怖いと感じ、本気で婚活を始めることにしました。

 

関連記事
一生独身が怖いと思うのは当たり前!不安を解消したいなら結婚するべき
一生独身が怖いと思うのは当たり前!不安を解消したいなら結婚するべき

続きを見る

 

全てを変えたいと思い、婚活に没頭した5年間

全てを変えたいと思い、婚活に没頭した5年間

独身の脱却に向け、婚活をスタートしたのが37歳。

もちろん、今まで彼女がいた経験もなく、一度も恋愛経験がありません。

そんな僕が初めに手を出したのが、手頃に婚活ができるマッチングアプリでした。

 

非モテにマッチングアプリは向いていなかった

数ヶ月試した成果は0。

異性とメッセージのやりとりをした経験が、母親と会社の同僚くらいしかないので、まずメッセージが続かない...

「いいね」されないし、されてもサクラだったり、会うとか無理だと感じて終了。

 

10回以上参加した婚活パーティーや街コンも全敗

次に試したのが婚活パーティーでした。

婚活パーティーへは10回ほど参加したけど、一度もカップリングすることがなく撃沈。

それもそのはず、40手前にもなって年収が低く、見た目もパッとしない僕に魅力を感じるはずもない...。

婚活パーティーは若くて外見の良い好青年や、年収の高いハイスペ系の男しか勝てない戦場だと知る。

並行して街コンなんかも数回参加してみたけど、会話が得意じゃなかった僕に勝ち目もなく連戦連敗。

 

その後は、僕が婚活してるのを知った友人が女性を紹介してくれたり、合コンを開いてくれたけどイマイチ成果が出ず。

知り合い繋がりということもあり、それとなく会話はできるものの、その後の進展はありませんでした。

 

2年の婚活で変わり始める自分がいた

婚活を初めて2年が経過し、少しづつだけど女性とのコミュニケーションにも慣れてきたり、今までの自分に足りなかった要素(外見やマインド)を補ったりするようになりました。

 

時には夜の街に一人で繰り出し、飲み屋で近い席になった女性に声をかけたり、年甲斐もなく一人でクラブに行って女性に声をかけるようなことも試しました。

他にも、休日は社会人サークルに参加するようにしたり、女性と仲良くなる口実を作ろうと、得意でもないアウトドアやスポーツの趣味を作ってみたりしたこともあります。

しかし、そんな苦労のかいもなく、結果は惨敗続きでした...。

 

なぜか婚活中に手を出した出会い系サイトが転機に

なかなか婚活がうまくいかない焦りからか、ある時から出会い系サイトを使うようになった事があります。

過去にマッチングアプリで全敗していたこともあり、ネットでの出会いは敬遠してたのですが、3年も婚活を続けていると以前とは状況が違っていました。

出会い系という性質上、女性と出会いやすいのもあったかもしれませんが、この時は複数の女性とデートをすることができ、おいしい思いもすることがありましたね。

ただし、出会い系サイトで女性と出会ったとしても、結婚に結びつくかと言えばそんなことありません。

間違いに気づいたと同時に、「マッチングアプリでもいけるのでは?」という手応えを少なからず感じていました。

 

婚活アプリの感触は良かったが次なる壁が立ちはだかる

それからというもの、マッチングアプリでも「より婚活向き」の婚活アプリを使いだし、毎日女性との出会いを探したのです。

過去の失敗がウソのように女性との出会いも複数あり、知り合った女性とお付き合いに発展することもできました。

しかし、お付き合いできたとしても長続きすることなく、あっけなく別れはやってきます。

この何年間の婚活経験で、出会うまでのプロセスはわかっていたけど、付き合ってから先のことは経験がなかったからでしょう...。

関連記事
本気で結婚したい人向け婚活用マッチングアプリおすすめ3選:無料あり
本気で結婚したい人向け婚活用マッチングアプリおすすめ3選:無料あり

続きを見る

 

40代に突入したということもあり、かなり焦りを感じていた僕は、今まで理由もなく敬遠していた結婚相談所に入会することを決意しました。

「どこの結婚相談所が良いのか、自分に合っているのか?」など、ネットで調べているけど結局よくわからず、最終的には「結婚相談所比較ネット」というサービスから結婚相談所の資料を一括請求して、その中から良さそうなところに決めました。

 

約5年間の努力が実を結んだのは結婚相談所だった

本気で独身をこじらせていた41歳、婚活5年目にさしかかった頃。

ついに転機が訪れました。

結婚相談所で出会った女性と親密な関係になり、めでたく成婚。

お互い「早く結婚したい」という希望も一致していたので、入籍するのも早かったです。

その女性(今の奥さん)と出会うまで、結婚相談所では約1年かかりましたが、もし最初に出会ってれば3ヶ月くらいで結婚してた可能性もあります。

そこで気づいたのですが、結局のところ「結婚したいのであれば、結婚したい相手と出会うこと」が必須条件だなと。

今まで、マッチングアプリ、婚活パーティー、街コン、出会い系、趣味のサークルなど、色々試しました。

しかし、これらの婚活方法で出会っても、相手に結婚の意思がなければ結婚という願いはかないません。

その点でいえば、結婚相談所に入会している会員であれば、「結婚したい」と考えている人が100%。

僕は5年も婚活をしてきましたが、最短で結婚するなら結婚相談所に行くべきだったと反省しています。

ただ、日常生活や職場でも、女性とコミュニケーションをまともに取れるようになったので、今としては過去の婚活経験も無駄ではなかったのかなと思う時があります。

 

関連記事
独身でも結婚できる結婚相談所おすすめ3選!
独身でも最短で結婚できるおすすめの結婚相談所3選【選べない人向け】

続きを見る

 

何かを始めることに遅いことなんてない

何かを始めることに遅いことなんてない

僕がこのプロフィールや婚活の経緯を書いた理由は、

「自分も婚活がうまくいって、独身じゃない未来がくるかもしれない」

と感じてくれる方が、一人でもいればと考えたからです。

 

他の人より全体的に劣っている僕ですが、意を決して37歳から婚活を必死にやってきた結果、なんとか結婚して幸せを掴むことができました。

 

とにかく僕が伝えたかったことは、

  • 何かを始めるのに遅いなんてない
  • 結婚したいなら出会うために動かなくてはいけない
  • 婚活で一番成果が期待できるのは結婚相談所

この3つです。

 

独身の方にとって、何かしらコンプレックスやネガティブな感情に悩み、自分に自信がモテない方もいると思います。

けれど、「人生は行動しないと何も変わらない」というのは真理であり、幸せになるために一番大切な考えです。

 

  • 努力しても報われないかもしれない...
  • 自分なんか誰にも相手にされないかも...
  • 周りの誰かに笑われるのが嫌だ...

なんて思うかもしれませんが、努力は絶対に裏切りませんし、諦めなければ結果は必ず出ます。僕がそうだったように。

 

結婚は一人で達成できるものではありません。

独身を卒業したいのであれば、まずは出会いの機会を作ってください。

出会いはアプリや婚活パーティーでも作れます。

チャンスは無限に転がっています。

それを拾うのはあなた次第です。

 

どうか、幸せをつかんでください。

 

僕はあなたのことを応援してます。

ハマディ

 

こちらもCHECK

関連記事
【最短で独身卒業する方法】独身が結婚する方法は6つだけ!
【最短で独身を卒業する方法】独身が結婚する婚活方法は6つだけ!

続きを見る

 

無料相談も受け付けています

只今、婚活について無料相談を受け付けています。

約5年間、さまざまな婚活を実践してきた、私(ハマディ)が質問に答えます。

  • 婚活が思うようにうまくいかない
  • 行動したいけど躊躇してしまう
  • ベストな婚活方法がわからない
  • 結婚相談所やマッチングアプリが選べない

など、悩みや質問があればお気軽に相談してください。

 

ハマディ

一人で悩むより、誰かに相談するのもときには必要かもしれませんね