年齢別の独身

50代アラフィフの独身男性はヤバくて悲惨?【後悔しても手遅れかも】

50代アラフィフの独身男性はヤバくて悲惨?【後悔しても手遅れかも】
独身の人

僕は今50代に突入している独身なんだけど、これってヤバイよね…。
50代アラフィフの独身男性ってのは、悲惨でかわいそうと思われてるのかな?
ここまで独身で過ごしてきたし、今更どうかしようと思ってないけど、このまま独身でいると後悔することってあるのか知りたい。

 

このように考えている50代の独身男性がいると思いますが、正直に申し上げると、

 

アラフィフもしくは50代になって独身男性なのは本気でヤバい」です。

 

冷静に考えて、50代の独身男性と既婚男性の違いを比べると、生き方に天と地ほどの差が生まれています。

 

50代の結婚している家庭であれば、

  • 家庭のために生きる人生が楽しい
  • 子供の成長を見るのが楽しい
  • 友人家族との付き合いが楽しい
  • 週末は家族と出かけたり旅行にいく
  • 仕事でも成功していて生き甲斐が多い

などありますが、それに比べて50代の独身男性は、

  • 独りという生活がとにかく寂しい
  • 休日にすることがなく絶望している
  • 仕事でもあまり上手くいっていない
  • 生きる意味が分からなくて精神が疲弊している

など、ぶっちゃけ悲惨な人生としか言えません。

 

これは、結婚できなくて50代まで独身の男性もそうですが、独身貴族のように独身を謳歌している男性も例外ではありません。

 

僕も40代まで独身だったのですが、40代で既にこのような悲惨で悲しい人生に片足突っ込んでいました。それが、50代になったら「もう待ったナシ」というのは手に取るように分かっています。

 

既にここまできてしまったら、後悔しても後戻りできません。

 

また、一度でも結婚歴がある男性であればいいのですが、今まで未婚だった50代独身男性は世間からも、

  • 気持ち悪い
  • 悲惨すぎる
  • ヤバイ人間

扱いされているのです。

 

独身の人

40代の時もそんな感じだったけど、50代になってからは敬遠されたり、距離を置かれたりするのを強く肌で感じているかも…

 

今回は、なぜ50代の独身男性はヤバくて悲惨か、世間が感じているリアルな声を解説していきます。

 

50代で独身の男性はヤバいし悲惨!アラフィフは手遅れなのか?

50代で独身の男性はヤバいし悲惨!アラフィフは手遅れなのか?

ネットの質問箱なんかで「50代の独身男性はヤバいのか?」なんて質問に対して、

「気にしないで大丈夫ですよ!」とかいった書き込みがありますが、決して信用してはいけません。

 

このような質問箱に回答している人は、50代の独身男性でもないですし、あなたがどうなっても無関係な人間だから軽率な回答をしているだけです。

 

本当に50代の独身男性に対して、本音で意見真実の意見を知る必要があります。

 

まずは、50代アラフィフの独身男性が悲惨でヤバイ理由を解説していきます。

 

データを基に50代男性の独身率を解説

まずは、50代男性の独身率はどのくらいか?

 

とうことですが、令和2年の国勢調査の結果がこちらです。

年代未婚男性の割合
40〜49歳31.1%
50〜59歳24.1%
60〜69歳15.7%

参照:令和2年国勢調査

 

50代男性の独身率は24.1%(約4人に1人)ほどです。

 

4人で楽しめる麻雀や人生ゲームをプレイしているなかに、1人だけ独身が混ざっている感じですね。

人生ゲームでは結婚できて子供ができるかもしれませんが、リアル人生ゲームでは真逆です。

 

40代から50代の差が約7%、50代から60代の差が約9%なので、50代の結婚率は高いと思われるかもしれませんが、それは間違いです。

 

統計データ上では確かにそうなっていますが、実のところ未婚男性の平均寿命は66.3歳と短いので、60代でアンケートに回答している割合は既婚男性が多いだけということ。

 

つまり、50代の独身男性が今後結婚できる見込みは限りなく低く、さら言うと「人生の終わりも近い」ということです。

※平均寿命の短さについては、あとで詳しくしますね。

 

アラフィフ50代になるまで何もしてこなかったツケは重く、後悔しても遅いかもしれないです。

 

50代の独身男性が直面する超リアルな悩み

50代で結婚してない独身男性は、間違いなくお金の悩みで苦しんでいます。

 

以下のデータを見てもらうとわかるように、未婚男性の収入は既婚男性に比べて恐ろしく低いです。

 

男女・年代・配偶関係別の平均所得比較参照:東洋経済オンライン

 

人生で一番所得が高い50代なのに、未婚男性であれば20代既婚男性の平均所得と同レベル。

 

歳を重ねるほど出ていくお金は多いのに、年収が20代からほとんど変わっていないのは将来を考えると不安でしかありません。

 

また、貯金額にしても50代の独身男性は既婚世帯と比べて、悲惨なほど差があります。

 

50代の金融資産


平均中央値
二人以上世帯1386万円400万円
単身世帯1067万円130万円

参照:50代の貯金の平均・中央値は?

 

50年以上生きてきて、貯蓄額の平均が130万円というのはもはや手遅れと言っても過言ではありません。

 

全ての50代独身男性がそうとは限りませんが、100万円未満が約45%もいるので、ほぼ2人に1人はギリギリの生活です。

 

今更所得を上げようとしても会社員であればほぼ不可能ですし、残された人生において「お金が無くなる不安との戦い」は避けられません。

 

老後2,000万円問題があるように、独身でも将来を見据えて貯金している人ならまだしも、貯金がほとんどない50代独身男性の未来は暗いでしょう。

 

50代アラフィフの独身男性に対しする世間の声

このような50代の独身男性は世間的にどう思われているか、ネットの評判を見てみましょう。

 

 

世間のリアルな声を集めてみましたが、かなりキツいこと言われていますね。

 

意見をまとめると

  • 50代の独身男性は異常性が高い
  • 失うものがないからタチ悪い
  • 嫌悪感しかない
  • 自由だろうけど惨めで悲惨
  • 年収があっても負け組

 

既に誰かにこのようなことを言われたりした経験があるかもしれませんが、世の中のアラフィフ独身男性に対する風当たりは強いです。

 

50代の独身男性がすぐに結婚したほうがいい理由

50代の独身男性がすぐに結婚したほうがいい理由

「もう人生後半まできてるし、このまま独身で生きてもいいや…」

もしあなたがこのような考えであれば、残りの人生最後まで不幸のまま終わるでしょう。

 

ここからは、50代の独身男性がすぐに結婚した方がいい理由を解説します。

 

50代まで独身だと死期が近い【60代で人生終了】

厚労省が正式に発表している、日本人の未婚男性の平均寿命は66.3歳です。

 

人口動態統計(2018)

出典:ニューズウィーク

 

悲惨なことに、未婚男性の約30%(3人に1人)は60代のうちに死亡しているのです。

 

このことからわかるように、50代の独身男性というのは「棺桶に片足を突っ込んでいる状態」となんら変わりありません。

 

ちなみに、既婚男性(有配偶者)の平均寿命は81.3歳と、15歳も開きがあるのです。

 

なぜ既婚男性の方が平均寿命が長いのかというと、以下が理由です。

  • 既婚男性は栄養がある家庭料理を食べていて健康
  • 突然の病気で倒れても誰かが側にいてくれる
  • 家族がいることで生きる活力がある

 

逆に独身男性はというと、

  • 不健康な生活で病気になるリスクが高い
  • 急に倒れて帰らぬ人となる
  • 自殺率がもの凄い高い

などの理由から死亡する確率が高いとされています。

 

50代ともなると「自分だけは大丈夫」なんて考えはもうできません。

 

そう言ってる人ほど早く死にます。

 

この辺は、「一生独身は怖いし不安が当たり前!」の記事でも詳しく解説してるのでよかったらどうぞ。

関連記事
一生独身が怖いと思うのは当たり前!不安を解消したいなら結婚するべき
一生独身が怖いと思うのは当たり前!不安を解消したいなら結婚するべき

続きを見る

 

50代の独身男性の生き方は悲惨そのもの

30〜40くらいの時の独身というのは、冷ややかな目だったり、結婚マウントされるくらいでしたが、50代の独身男性は次元が違います。

 

50代を過ぎると人から相手にされなくなるし、独身男性は人種差別レベルですね。

 

まだ小馬鹿にされたり、ネタにされたりするだけ有り難いと感じるほどでしょう。

 

僕が過去に働いていた会社では、社内の50代の独身男性に対して、仕事の話すらしたくないと言う人多かったですし、「人間終わってる」「気持ち悪い」「早く仕事辞めてほしい」とか言われてました。

 

仲の良い友人がいればまだ良いのかもしれませんが、家族がある既婚男性は忙しいので構ってくれません。

 

それゆえ、仕事をしてない平日の夜や休日もいつも独りぼっち。

どこに行くのも一人だし、話し相手はコンビニの店員やテレビの画面。

相手してくれるのはネットで知り合った顔もわからない人だけ。

 

このような生活が残り数十年も続くのは、もはや悲惨としか言いようがありません。

 

関連記事
本当に独身は恥ずかしい?そう感じる理由や対処法【結論:人による】
本当に独身は恥ずかしい?そう感じる理由や対処法【結論:人による】

続きを見る

 

老後の問題と真剣に向き合わなければならない

先ほど独身男性の平均寿命を解説しましたが、老後の問題は本当に深刻です。

 

あなたは以下について、普段から考えてますか?

  • 老後の資金について
  • 一人寂しく老後を過ごすこと
  • 孤独死の可能性

 

年齢的に見ても、近い将来これらと向き合う時がやってきます。もはや待ったなしです。

 

この記事を読んでいるあなたは、おそらく40代で老後について深く悩んだことがないから、今現在50代でも独身なのかと思います。

 

この問題は本当に深刻ですし、人生の終わりはどのようにしたいのかを真剣に考えるべきでしょう。

 

50代の男性独身が後悔しない人生を送るには結婚しかない

50代の男性独身が後悔しない人生を送るには結婚しかない

いかがでしたでしょうか?

目を背けたくなる悲惨な内容ばかりでしたが、「50代のアラフィフ独身男性は本気でマズい」ということです。

ここで一つ質問させてください。

 

あなたは「50代で独身でも大丈夫だよ」という意見を他人から聞いてどう思いますか?

 

この答えは以下のどちらかですよね。

  1. だよね、50代でも別に大丈夫だよね。よかったー
  2. いやいや、50代の独身男性はヤバいだろ。どうしよう…

 

もし前者であれば、あなたは一生独身確定ですね。

 

後者の場合はまだ望みがあり、行動次第では結婚して不安な未来から解放される可能性も十分にあり得ます。

 

残りの人生短いし、もうどうでもいいや」と思うのも結構ですが、進んで暗い未来を選ぶよりは、明るい未来を手に入れた方が良いのは間違いありません。

 

未来に不安なく生きるとしたら、残された道は結婚するしかないでしょう。

 

とはいえ、

もう50過ぎて結婚するのは厳しいでしょ」とか、

50代で結婚できるのは芸能人だけ

など思うかもしれませんが、そんなことありません。

 

結婚相談所を上手く活用すれば、以下のように50代の初婚男性でも、13歳年下の女性と結婚できる人も普通にいます。

 

 

結婚相談所は少し高額ですが、結婚することで世帯収入や貯蓄は増えますし、老後の不安も解消されて一石二鳥ですよね。

 

もし結婚相談所を検討するなら適当に決めるのはNGで、中高年向けの「オーネットスーペリア」や、「ラブサーチ」などがおすすめです。

 

また、結婚相談所以外の婚活方法としては、「最短で独身を卒業する方法」の記事が参考になります。

関連記事
【最短で独身卒業する方法】独身が結婚する方法は6つだけ!
【最短で独身を卒業する方法】独身が結婚する婚活方法は6つだけ!

続きを見る

 

実のところ僕も一生独身かという不安を抱えてましたが、40手前で思い切って行動することで結婚という願いが叶いました。

 

結局のところ「人生は行動するか、しないか」ということだけです。

 

不安を解消して幸せになりたいなら、行動してみましょう!

 

こちらもCHECK

関連記事
「一生独身でいい!」は確実に人生後悔する【出会いがないのはあなたのせい】
「一生独身でいい!」は確実に人生後悔する【出会いがないのはあなたのせい】

続きを見る

-年齢別の独身